コンサル記録

お店のコンセプト作りについてのご相談記録:東京都O様(2021.4.3)

こんにちは。夢見キッチンの山本蓮理です。

暖かくなり、新しいことを始めよう!と言う空気を講座参加者さんやイベント参加者さんの雰囲気から感じています。

そんな中、まさにこれから販売開始したい!と言う方からお店のコンセプト作りに関するご相談を受けました。

すでにInstagramなどで自分のお菓子をたくさん発表されているO様。

私も見せていただいていますが、クオリティが高いアイシングクッキーで技術は確かです。

アイシングクッキーは「可愛い!」とテンションが上がるお菓子ですが、最近はライバルが多いのも現実。

ネットで販売するには、もう一歩踏み込んだコンセプトが必要です。

また、オーダーメイドにするのか、自分でデザインを考えるのかなどによっても値付けやブランドイメージが大きく変わってきますね。

相談者さんは最初、アレルギー対応や材料についてのこだわりを出そうとしていましたが…

せっかくアイシングの技術があるので、パッと見たビジュアルで差別化できる要素を入れた方が良いのでは?と提案。

相談者さんの大好きな自然、趣味のお話などをお聞きして、最終的に相談者さんのイメージにぴったりで、なおかつたくさんのファンの方に愛されそうなブランドイメージが出来上がってきました。

スポンサーリンク

コンセプトを考えていると、どうしても商品の美味しさや材料についてのこだわりを入れたくなりますが、ここで難しいのは「本当にこだわっている人以外には、なかなかわかってもらえない現実」があるということです。

そして、日本で販売されているお菓子はだいたいが美味しいので…それを差別化に使うのはとてもハードルが高いです。

そんな時には、自分が大好きなもの、いつまででも語っていられる趣味から要素を取り入れてみるのもいいかもしれません。

「アイシングクッキー作っています」よりも、「昭和レトロなアイシングクッキー専門店」「猫のアイシングクッキー専門店」などの方がイメージが湧き、ワクワクしませんか?

そして、自分が昭和レトロ好きだったり猫好きだったりしたら…「お菓子を買おう」と思っていなくてもついつい買ってしまうこともあるかもしれません。

コンセプト作りに悩んでいる人は、そんなワクワクする要素を探すところからはじめてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

お菓子のネットショップを開業したい方へ 魅力的なお店&商品作りのためのチェックリストはこちら

製造に使っているキッチンを貸し出しています。レンタルキッチンの詳細はこちら

お菓子屋さん開業のためのオンライン講座開講中!詳しくはこちら