コンサル記録

菓子製造業許可のあるキッチン作りについてのご相談記録:埼玉県新座市K様(2020.12.1 )

こんにちは。夢見キッチン主宰の山本蓮理です。

先日コンサルにこられた埼玉県新座市のK様ご夫妻。

今年5月、初めてご相談を受けて、それ以降コンスタントに夢見キッチンを利用してくださっています。

今回のご相談は、「菓子製造業の許可のあるキッチンを自分で作りたい!」という内容。

レンタルキッチンを使用していると、「自分専用の工房が欲しい!」は誰もが思い描く夢ですね。

夢見キッチンの利用者さんも、今年だけですでに4名の方が自分の工房を作り、卒業(?)されています。

ネットショップやマルシェでの出店を中心に行う方の場合、工房は必ずしも店舗物件で行うとは限りません。夢見キッチンもそうですが、普通のアパートの一室を借りてそこを改装して営業許可を取得することも可能です。

店舗物件は初期費用が高く保証金が家賃の10倍かかるなんてこともありますが、普通のアパートであれば敷金礼金なしで借りられる可能性もあるのです。

ただ、借りるのは普通のアパートでも利用方法は普通とは違うので、不動産屋さんへの交渉やその後の工事など、難しい点もたくさん出てきます。

今回のご相談では、

  • 物件探し〜菓子製造業の営業許可取得までのスケジュール感
  • 実際の物件探しの注意点
  • 初期費用の予算感

の3点についてお話ししました。

どうやれば営業許可取得までの期間を短縮できるか?(無駄なくできるか?)

ネットでの物件探しの注意点や検索方法について

元の物件の状態によって初期費用がどう変わってくるか?

など、可能な限り具体的にお話ししました。

この他にも普段の営業についての疑問も幾つかあり、5月から本当に試行錯誤されてきたんだなあと感じました。

自分の工房ができると、アイデア次第で本当にたくさんのことができるようになります。時間や場所の制約がなくなり、自分の城を手に入れることでの責任感や本気度も増していきます。

経過報告いただけるのをとても楽しみにお待ちしております!

スポンサーリンク

お菓子のネットショップを開業したい方へ 魅力的なお店&商品作りのためのチェックリストはこちら

製造に使っているキッチンを貸し出しています。レンタルキッチンの詳細はこちら

お菓子屋さん開業のためのオンライン講座開講中!詳しくはこちら